So-net無料ブログ作成

FIRST STRIKE ロッドホルダー IF6 Part2 [釣り]

先日取り付けたロッドホルダーに実際にロッドを吊り下げてみました。

ブラケットは前後に自由に移動するので、最適と思われる位置にとりあえず固定。

Untitled

ロッドは向かって右からダイワ E-GEE 83M+シマノ セフィアCI4+ C3000HGSDH、シマノ セフィアCI4 ボート S708M-ST+ナスキー 2500S、シマノ LIGHT GAME BB M190+シマノ バルケッタCI4+ 300HG、ダイワ ソルティストBS 66ML+ナスキー 2500S、の順になります。

リールはシマノしか買いませんが、ロッドはシマノ・ダイワが混ざっていて、メーカーより自分の希望する用途と価格のバランスを見て買っています。

Untitled

セレナの場合、1ピースだと8フィート位の長さがMAXで、83のE-GEEは2ピース状態じゃないと吊り下げられませんでした。

この位置でいいかなと思っていたのですが、実際に走ってみると、道路の状況ではティップが激しく上下して天井に当たり音がするので再度調整が必要でした。

Untitled

ラインをバット側に固定してティップを曲げた状態にして、やっと気にならなくなりました。やっぱり何事にも実地訓練が必要ということですね。

ホルダー自身はバックミラーにほとんど映らないのですが、ロッドを下げると当然リールが視界に入ってきます。でも小さいリールばかりなので、ほとんど気になりませんでした。

キス投げ釣り用のでかいリールとかだと、運転中ぶらぶらすると結構気になるかもしれませんが、ロッドによっては自宅から仕掛けをセットしたまま積載できるし、少しでも出航前の準備を減らしたいので、買って正解でした。


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。