So-net無料ブログ作成

久保ミツロウ [読書]

久保ミツロウって誰という人が多いとは思いますが、TVドラマにもなるらしい「モテキ」というマンガの作者です。

Kubo_Mitsuro
草食系男子を書いたら右に出る者はいない、とは言い過ぎかもしれませんがヘタレを書かせたら天下一品のマンガ家さんです。

最近はマンガを買うことは滅多にないのですが、「リアル」と「ニコイチ」、それとこの「モテキ」は単行本を買っておりました。

この作者のマンガは「モテキ」だけでなく、前作の「トッキュー」、前々作の「3・3・7ビョーシ」と全部購入しており、大のお気に入りなのです(3・3・7ビョーシはどっか行っちゃった)。

三作に共通するのは、主人公男が皆草食系(ヘタレ?)で、ヒロインがヤキモキし、結局作中では明確にはつきあうところまで行かないという点です。

中途半端な終わり方と思う方もいるかとは思いますが、私はこれでOKという気がします。

次の作品はわからないのですが、作者買いするとおもいます。

機会があったら是非とも読んでみてください。
nice!(1)  コメント(0) 

「ゴルフは突然うまくなる」by 佐久間馨 [読書]

book.jpg
現代書林刊 税込1,365円也



最近買った本の紹介です。

いかにもなタイトルはアレですが、中身はゴルフにおけるメンタルコントロールの重要性について書かれた本です。

例えばラウンド中、「~のに」ではなく「~のだ」と考えること(2オン3パットでボギーの場合、2パットならパーだったのにではなく、2オンしたのだ)とか、目標は無言実行ではなく、有言実行であるべしなどと書いてあります。

考え方ひとつでゴルフというのは上達するという内容の本でした。

似たような話で、以前人から聞いた話に、脳(体)は「notを認識できない」というのがありました。
(交感神経・副交感神経の話だったかな?)

つまり左OBの場合(例)、左に打っては”いけない”と考えながら打つと、脳はnotを認識できないので、左に打つという命令が出るそうです。

この場合左に打たないではなく、右に打つと考えるのが正解だそうです。

ポジティブシンキング・ネガティブシンキングという言葉がありますが、ゴルフについても全く同じことが言えるということですな。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。