So-net無料ブログ作成

二級小型船舶操縦士免許取得 [ボート]

ちょっと前のはなし。

不調だった前回の釣行から新たに出航できていないのですが、その間に二級小型船舶操縦士免許(2級ボート免許)を取得しました。

取得した理由ですが、2馬力ボートは免許も船舶登録も不要でお手軽ですが、海が荒れたときや出港場所からポイントまでの距離がある場合の移動時間等制限があることも確かで、なにより海のルール(法律等)を知らずにいることに対して、人に迷惑を掛ける可能性を極力排除したいという気持ちからです。

とまあ偉そうなことを書いていますが、ゴムボートの準備・後片付けが面倒になってきて、2馬力以上のトレーラブルを含めたFRPボートにステップアップしたいというのが本音の部分ですけど。

で、免許なのですが、実際にボートに乗らずに実技試験を通る自信はありませんので実技試験免除というボート教室に申し込みしました。

学科は過去問題を見たのですが、難しくなかったので、少しでも安く上げようと学科のみ自己学習コースを選択。

申し込み後、学科用の教本・問題集・ロープが送られてきました。

Untitled

実技講習を受ける前から学科の勉強はスタート。問題については書籍より、スマホのアプリが役に立ちました。

実技講習は琵琶湖のマリーナで、午前9時頃から午後3時頃まで途中休憩を挟みながら行い、その後検定試験。

Untitled

途中指示聞き間違いによるミスもあるもなんとか合格。

学科は2週間後琵琶湖のマリーナの試験会場で受験。約30人ほどで、1級は1名、残りは2級の受験者で、そのうち3分の2は実技も受験する人たちでした。

Untitled

学科試験はさくっと終わらせて退出し、回答が張り出されるのを待って自己採点。

Untitled

3問間違い(見たこと無かった問題でした)の94点で合格(自己採点では)で、後日ホームページでチェックしたところ、当日受験した人は全員合格していました。

1週間後免許証が郵送されてきて、これで晴れて免許必要艇も制限付きながら操縦できるようになりました。

Untitled

法規・マナーの習得のために取った免許ですが、実技講習・検定で操縦したボートが楽しかったので、2馬力以上のボートに俄然乗りたくなってしまったのが大誤算か。

nice!(0)  コメント(0) 

オーバースライダーにボートを載せてみた [セレナ]

ちょっとしたトラブルもあったファクトリーゼロのオーバースライダーですが、取り付けが完了したので実際に使ってみました。

Untitled
Untitled

セレナの全長は4795mm、全幅は1735mm、全高は1865mmです。

ボートはジョイクラフトのレッドキャップ295で、全長2950mm、全幅1470mm、重量27kgです。

Untitled

インフレータブルボート用の受けは、適当に取り付けたのですが位置はばっちり合っていました。
(2枚目の写真ですこし曲がって積載されていますが、載せるときにオールが受けの外側になるよう積んでしまったからで、本来はまっすぐになります。)

Untitled
Untitled

スライダー部分を下ろして受けにボートを載せますが、結構受けの位置が高い&ゴムボートの場合、受けに引っかかりずらいのでちょっと載せにくいです。

Untitled

ドアミラーも出したままでも当たりません。

カーメイトの時は載せるときは力が結構必要でしたが、このオーバースライダーは一度受けに載せてしまえば、梃子の原理を利用しているのかほとんど力を入れずにルーフトップが可能です。

ただ、ボート本体を載せる部分の前後幅が短いためか前後のバランスに結構シビアで、トランサムが重いゴムボートの場合は前の方に載せる必要があります。

そのためさらにリアヘビーになるドーリーは取り外してカートップさせないとうまくバランスが取れません。その点はちょっとマイナス要因です。(安全を考えればドーリーは取り外すべきとは思いますが。)

オーバースライダーは確かに高価なのですが、手軽さや静粛性といった点ではカーメイトなどのルーフキャリア部材でシステムを組むより満足です。

で実際載せて今年初ボート釣りに行ってきましたので改めてエントリーを書きます。

nice!(0)  コメント(0) 

オーバースライダー取り付け完了 [セレナ]

C26セレナを注文したところ、間違ってC25用が送られてきたオーバースライダーですが、ファクトリーゼロさんが速攻で交換品を送ってきてくれました。

Untitled

会社から帰って一人で取り付けしましたが、15分程度で取り付け完了。

Untitled

今度はばっちりです。

Untitled
Untitled
オーバースライダー本体も、バーの感覚が狭いため小さくできており、アルミ製のため、重量も10kgもないんじゃないかと思われます。

Untitled

取り付けよりもむしろ返品用の梱包が大変でした。というのも、100均のガムテープが駄目すぎたので、近所のホームセンターまでオーバースライダーが乗った状態のセレナで買いに走ったためです。

オーバースライダーを取り付けた状態で一般道を走ってみましたが、別段風切り音も気にならず、RV-INNOのボート用キャリア群だと、路面の凸凹により、ガタガタいっていたのが全くなくなり静かになりました。

Untitled
Untitled

インフレータブルボート用の受けを取り付けると結構な高さ(2.3メートル位?)で、屋内駐車場によっては入れないところも出てきますので、普段は取り外した状態にしておくつもりです。

いよいよ今週末に日本海でデビューする予定。


nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。